多発性嚢胞腎の患者さんが
安心して治療にのぞめる公的支援制度があります

多発性嚢胞腎は、難病医療費助成制度の対象疾病(指定難病)であり、一定の条件を満たせば、医療費の助成が受けられます。また、さらに多発性嚢胞腎によって、生活や仕事などが制限されるようになった場合は、障害年金を受給できる可能性があります。

この特設コンテンツでは、多発性嚢胞腎の患者さんが受け取ることのできる難病医療費助成制度、障害年金の受給条件や手続きについてご紹介します。ご自身が対象者なのか、手続きにはどのような書類が必要なのか、確認してみましょう。

  • ※指定難病については、弊社小冊子「難病医療費助成制度について」をご用意しておりますので主治医にお尋ねください。

多発性嚢胞腎で利用できる公的支援制度

あなたのeGFR値を確認して、ご自身がどんな公的支援を受けられるか、調べてみましょう。

eGFR値

上記の条件以外にも公的支援制度を活用できる場合があります。
ご自身が対象に該当するかどうかは主治医にお尋ねください。

ご覧になりたい項目を選択してください